ナンクル食堂血風録


京都・右京区梅津の梅宮大社の側。酒屋の横で、食堂というより限りなく”立ち飲み”のノリの小さな店で巻き起こるデキゴトを書き留めておこうかな、というブログ。 nankuluseiji@gmail.com  電話070-5653-1589
by nankulu
友だちの輪
あめにじ
育親日記
うましか日記
こだわりのもの
大家便利商店
薔薇とチョコレート
はまだそら的生活
kana-briefing
順風丸 嫁のひとりごと
フジヤマプリン








●●これからの予定●●
14日(日)臨時休業
15日(月)定休日
16日(火)〜19日(金)通常営業
20日(土)店仕舞いしつつ変則営業
21日(日)から新店舗移転に向け活動!
 
新店舗は11月下旬か12月上旬オープン予定!

※19日が通常ラスト営業!
※とはいえ欠品が出たら補充しません!
※20日は在庫整理的な営業になります!

++急な変更もあります++
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
台風直撃
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
雨の日の朝
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
焼酎 プレミア 渋柿
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
沖縄VOL..2
from 沖縄
濃厚なとんこつラーメンと..
from 政宗のよじげんポッケ
今年初
from Anything Story
はじまり
from 神田ぶろぐ
タンブラー ランキング
from タンブラー ランキング
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧


罵力屋マーキーさん登場

開業632日目(2月28日 木曜日)

特製ソーキそばを食べて帰ったその足で、mixiナンクル食堂コミュに入ってくれたボンさんが、面白いオーラを発散させまくる友だちの方々らと来てくれた。

助っ人マチコ嬢の、大学の友だちらがわらわら来てくれた。

常連Sトさんも来てくれた。

誰が来ようが、嬉しいにかわりなし。いつでも誰でもウエルカム(※すいませんウソです)。


けど、本日、俺をもっとも驚愕させてくれたアポなし訪問は、なんちゅうても、いま京都で最も熱いエリア、西院のウルトラ人気店『罵力屋』のマーキーさんが初めて来てくれたことで。

最初、店に入ってきてくれてから、それがマーキーさんであると認識できるまで数秒かかったが、「。マーキーさん!」
認識できた瞬間、俺のアドレナリンは噴出したね。めっちゃ嬉しい。

ナンクルが終わってからだから、だいたい深夜1時前後に街を徘徊しだすもんで、時間帯のせいでなかなかお気に入りの店が見つからんのだけど、そんなかでも『罵力屋』さんは数少ない好きな店のひとつ。
もっと正直にゲロると、マーキーさんが『罵力屋』を手伝う前に木屋町でやってた『日の出食堂』時代のブログにはまって俺は『罵力屋』が好きになったんである。(※日の出食堂は今も同じ場所で同じ名前でがんばってて、この店も俺は好きです。立ち飲みだけど)
ハコの魅力は、人が作るんやからね、絶対。

しかし、お店では大将ウエムラさんとはちょこちょこ喋るんだけど、なかなかマーキーさんにからむことができなかった。
語れる仲間になりたいもんだぜ、とは思ってたが、そのチャンスは信じられんことにネギを背負って向こうからやって来た。スゲー。わざわざ梅津に、っつーかわざわざナンクル目指して、ナンクルに来るためだけに出向いてくれたんや。

俺はときどき思うんだけど、強く強く願ってると、ほんとにほんとに棚からボタモチの如く、思い通りにものごとが展開してびっくりするときが、たまにある。人生あなどれん。不思議や。なんでや。なんでやろ。

水曜日の『Kana』さんもそうや。マーキーさんもそうや。
この人たちと交流できたらええな、つながりたいな、と思う。その通りになる。これ以上の財産がほかにあるか?

マーキーブログファンでもあるうちの広報部長が、「また来てもらえるように」と、キープできる瓶入りバターピーナッツをマーキーさんに。(※このシステムが理解できない人はナンクル若葉です)
b0109517_14584351.jpg

『ハバハバマーキーって言われたい』と書いたマーキさん。かっこよいです。
(※ハバハバ:沖縄の方言で、超かっこいいって意味です)

ま、そんなこんなで。
金曜日もばりばりに営業です。
ゆんたくしにぜひどうぞ。
ちなみに、明日はいよいよ嵐電貸切の日なんで、今日も営業時間は短めに予定してしてます。

どもども。
[PR]

by nankulu | 2008-02-29 15:02 | 営業

これからも末永いお付き合いを

開業631日目(2月27日 水曜日)

そーいえば、激怒しすぎて忘れてたが、火曜日の真昼間、久しぶりにランチを俺の大好きな喫茶店『チロル』で食べようと呑気に車を走らせてたら、三条通りの島津製作所の前でスピード検問で捕まった(-"-)

【Stop】の赤い旗だして、警官が目の前に出てきたんだけど、それがよもや俺を停めようとしてるなんざ想像もつかず、「えええええええええええ、なになになに、俺なにやったん?」状態である。
シートベルトはしてる、信号無視はしとらん、右折禁止もこのへんないやろ、一旦停止もない思う。携帯電話はつかっとらん。

なんやねんなんやねん、俺がいったいなにやったっちゅーねん。

…ここの意識がポイントになってくるんである。まったく罪の意識がないのに警官に捕まったら、俺はかなり穏やかな人間であると思ってるけど、憤りは瞬間でレッドゾーンに突っ込むんである。

警「スピードオーバーです」
俺「は?」
警「規制速度よりだいぶオーバーです」
俺「は? 俺、何キロで走ってたん?」
警「59キロ」


時間がとまった。
59キロ? 59キロのどこがやばいの? あんたらそれをほんまに本心でキケンなスピードやと思ってるの? この見晴らしのいい三条通りのこのへんで。あんたらは絶対にここを40キロ以上出さへんって言い切れるの?


スピード検問が悪いなんて、俺はこれっぽっちも思いません。やってください。じゃんじゃんやってください。
けどね。
ほんまにやばいとこでは絶対にせんのはなんでや?
例えば夜の9号線なんてほとんど高速道路化して長距離トラックが爆走激走してるけど、絶対にとりしまりなんてない。だって取り締まる方も命がけになってくるから。
だからこそ、やれや、と思うが、せん。

まあね。誰も身体を張ってまでやりたいとは思わんのはわかる。わかるけど、こんなどーでもええとこでしか、嫌がらせなような検問しかせんから、つかまる人間は腹たつねん。めっちゃむかついた。

で、一夜明けて水曜日。
沖縄の那覇にあるcafe&bar『Kana』のオーナーご夫婦が顔出ししてくれた。
去年の11月に、久しぶりに2泊の予定で沖縄に帰ったとき、初日にウッチャンに『kana』さんに連れて行ってもらって、あまりのすばらしい店のオーラに感動し、翌日にも顔を出すということをしたんである。このへんのことはブログにも書いた。
俺が理想とする店のひとつやな。
で、やっぱりそういう店をやってる人とのおしゃべりはとても楽しい。
5月にイノッチの結婚式で沖縄に行くから、そのときには必ず寄ろ。

で、『Kana』さんご夫婦が帰られてから、しばらくまったり。

俺「今日は雪が降ったけど、なんかアカンなー」
マチコ「忙しぃなる感じがぜんぜんないよね」
俺「さきに賄い喰っとくか? なにが喰いたい?」
マチコ「カレーは嫌。ゴーチャン(※ゴーヤチャンプルのこと)がいい」

などと呑気にやってたら、プチウェーブが押し寄せて、瞬間的に全部埋まった。あが。

ま、そんなこんなの水曜でした。

木曜日もばりばりに営業です。
土曜日のイベント準備のため、早めに営業を終了するかもしれませんが、ゆんたくしにぜひどーぞ。
[PR]

by nankulu | 2008-02-28 11:18 | 営業

あんなことやこんなこと

開業629日目(2月25日 月曜日)から開業630日目(2月26日 火曜日)

うー、パソコンが、どーもぶっ壊れた。
だもんで更新できん。つーことです。

●25日 月曜日
定休日
休みだけど、こもってごちゃごちゃ仕事してたら、招徳酒造の営業Nカワさんが顔出ししてくれた。
ブログで<嵐電貸切>を知ったみたいで、「阪急百貨店で試飲会さえなきゃあ、ボクも参加が…」っつーことなんだけど、電車の中なら瓶よりもええでしょーと紙パック純米酒2本差し入れてくれた。おー。うれしいぞ。
mixiのことやら、前掛けとか枡のことやら、あんなことやこんなことの話をわーわーと。
だもって、さすがに、嵐電はいろいろ準備にかからんとやばいだろーと思って、【遠足のしおり】なんかを作り出す、
ま、そんなこんなでした。


●26日 火曜日
嵐電貸切のときに、ビンゴゲームをやるつもりなんで、景品集めに。
つーても、アサヒビールの営業さんと、オリオンビールの代理店・沖一酒販さんに、なんかノベルティーグッズが余ってないか電話で尋ねただけですが。

沖一酒販さんは、もうすでに味方であるから(*俺はすぐに、敵・味方・どーでもいい に分類しちゃうんである)、めちゃめちゃ協力的で、そっこう沖縄のオリオンビールに問い合わせてくれたみたい。
しかしながら、オリオンは、アサヒビールの資本が入ってからというもの、これまでのようなゆるい経営は許されんらしく、ほんまになんもない。
俺が金城酒店でバイトしてるときは、腐るほどいろんなものを作ってたけど。
沖縄好きな人は知ってると思うけど、食堂に行ったら必ず置いてある、オリオンの灰皿、あれも今では作ってないんである。
あれは復活してほしいよねー。有料でもええから。

ま、そんなこんなで営業突入。
伏見からホーネンさん一家が来てくれたのが皮切りで、雨降る火曜にしてはボチボチかな。

賄いで、前回ダメだしされた、カレーに挑戦。
「ハーブチキンのクリームカレーソースかけ」を作ったら、こんな賄い食ってる助っ人ってあんた幸せもんやで俺すら思う辛口マチコ嬢からお褒めの言葉をいただく。

だもんで気を良くした俺は(*単純なんで)、再び進化系の「ハーブチキンのクリームカレーソースかけ/ちょっと工夫しましたバージョン」を、注文をとる前から作り出して、もはや身内のNカリ&広報部長に食べさせる。

広「美味しい! …美味しいけど」
俺「けど」
広「…ナンクルってなにがしたいん?」
俺「あ」

本質的なとこを突っ込まれて言葉を失ってしまう俺でした。

つーかんじで。
水曜日もバリバリに営業です。
ゆんたくしにぜひどーぞ。

どもども。
[PR]

by nankulu | 2008-02-27 08:06 | 営業したり休日だったり

次から次へと、なんかやります。すいません

開業628日目(2月24日 日曜日)

寒いっス (-ω-;)ウーン

しかし、こんな日は、不思議とあんましマッタリにならない。
『ヒマになる』と確信して、仕入れとか仕込みを手抜きしたときに限って、繁盛する。人生そんなもんや。


金曜ブログの“強制終了”報告で、早々に『どしたんや? なにがあったんや?』と心配メールをくれてた山科在住なんだけどナンクルサポーターの1人、W・山科さんが彼女さんと一緒に顔出ししてくれた。

大学4年でナンクル初代サポーターとなって、閑散期の去年の2月を支え(笑)、卒業して大阪の実家に帰ったあとでも月に1回ぐらいの割合で通ってくれるオーハシ君も来てくれた。

広報部長とか、広報部長と同級生Nカリ君&サユリちゃんとか、もうすぐ西表島に移住するNカリ君の元部下とかも来てくれた。

エトセトラエトセトラ。

えー日曜でした。


でもって今週の土曜日には、もう第4回ナンクルツアー【嵐電貸切】なんである。
なんかぜんぜん準備ができとらんような気がするが、この際、無視する ヾ(- -;)
なんとかなるやろぉ。…たぶん。
当たり前やけど参加してくれる30名強の人で知らん人なんて1人もおらんのやし。


んで、この【嵐電貸切】のネクストは、いよいよナンクル初のお泊り企画、第5弾【沖縄ツアー2泊3日】であるんだけど、その間に番外編イベントはいりますw(▼o▼)w

ナンクルは、勝手に応援してるミュージシャンが2組いまして。メジャーではないんだけど。
1組が、沖縄でがんばってる『ガリンペイロ』。ボーカルの亀ちゃんは、俺が沖縄に帰ったら必ず一緒に呑む仲間。
もう1組が、京都でがんばり、もうすぐ東京に出て行くかもしれん『カケラバンク』。

このカケラバンクのワンマンライブが、藤井大丸近くの大箱なライブハウス『都雅都雅(とがとが)』であります。
 4月19日(土) 19時スタート 前売り2,000円
カケラは、河原町のライブハウス『和音堂』がホームなんだけど、そことは規模がちょっと違って、かなり広いらしい。『都雅都雅』行ったことないけど…。
つーわけで、そんなんだったらこれ応援しにいこか、という話しが急遽まとまりました。
大口予約が入らない限り、ボクも行きます。
ボクがライブに行った場合は、ナンクルの営業はその日は21時30分ぐらいからスタート。
カケラで盛り上がり、ナンクルに流れて語りあってもらう、っつーパターンで。
ちなみに、カケラバンクは、川嶋あいが所属してる『つばさレコーズ』のオーディションで最近優勝しましたw( ̄△ ̄;)wおおっ!

参加ご希望の方&お問い合わせ、じゃんじゃんどうぞ。

そんなこんなで。

月曜日は定休です。
また火曜からよろしくです。
[PR]

by nankulu | 2008-02-25 10:43 | 営業

イチャリバチョーデー

開業627日目(2月23日 土曜日)

お礼の電話を昨日しそびれたんで朝に諸寄の漁師カッチャンに電話したら、つながった。こっちから電話しといてなんだけど、日本海に出漁しちゃうと当然つながらんわけだから、つながるっつーことはオカ(※陸上のことだね)にいるってことだ。

俺「あれ? いま、オカ?」
カ「こっち、大シケ。荒れくるってる」
俺「ふーん」


…呑気にしてたら京都も夕方から、雪がすげーことになってきた。おかしーよな、やっぱり今年は。


で、まー、そんな悪天候なときに限ってなんか忙しくなるっつージンクスは本日も破られることなく、助っ人マチコ嬢が休みでカナエ広報部長が助っ人のときはまったりしがちっつージンクスは軽く打破し、7時半の時点で店内パンパン。で、こっちからの連絡待ちのお客さんが3組。

えー感じの流れだったな。

うちがオリオンビールを入れてるのは、大阪の沖一酒販さんというオリオンビール代理店からなんだけど、そこの営業課長さん一家が初めてにして、わざわざ大阪から呑みに来てくれて、でもってそのときその場にいるお客さんみんなにオリオン樽生をご馳走してくれて、すばらしくオキナワンな血が流れてる人で、いきなりイチャリバチョーデー(※出会えばみんな友だち)に持ち込みよった。すげー。

いくらSトさんファミリーとか、Uバヤシご夫婦とか、からみやすい人らが相手とは言え、なかなかこうはできんで。さすが営業さんや。ちなみに俺も初対面やしね。

営業課長「<沖縄焼きそば>のこのボリューム、まさしく沖縄!」
すばらしくナンクルの雰囲気も気に入ってくれたみたいやし、大阪在住やのにまた来るってんで瑞泉4合をボトルキープしてくし(※しかしそのボトルは沖一さんから買ったもんでもある)、上機嫌で帰ってくれたのはうれしかった。
これでまた人のつながりが増えた。

ま、そんなこんなの土曜日で。

で、日曜だけど。
バリバリに営業する体制なんやけど、どーなるかなー雪。大丈夫、かな?
[PR]

by nankulu | 2008-02-24 10:37 | 営業

ま、いろいろあるわ

開業626日目(2月22日 金曜日)

朝起きて、TVつけたら、『はなまるマーケット』やってて、ほうれん草の特集をしてた。
なんでも、ほうれん草というのは1年中出回るけど、旬はいま時期で、特に今年は寒いから、甘味が強くて美味い。らしい。

出演してた、ほうれん草農家のおばさんによると、根っこがうまくて、ここをざっくり切って捨ててしまうのは実にもったいない話しなんだそうである。ほうれん草は、根を食わんと話しにならんそうだ。

「うーむ、岡江久美子とヤックンの力で、全国のスーパーから今日はほうれん草が消えるなー、こりゃ」と俺は確信し、俺もやっぱり買出しに行って、普段は見もしないほうれん草をシゲシゲとながめ、バサッと買ってしまうという実に分かりやすい行動をとってしまった。

…つーことを、マチコ嬢に喋ってたら、
「〝はなまる〟観て、そのまま買い物行ってテレビでやってるのを買うのって、せーじさん、主婦やん」と、ひと言で片付けられた(-"-)

いや、こんな行動とったのは、あんまし記憶にないんやけどな。

つい最近、岡江久美子と、木屋町の某barで、すれ違いの入れ違いになってるし親近感はあるんやけどねー。

で、金曜の営業である。

そこそこ繁盛した。うん。そこそこ繁盛した。

年明け最初の営業日に初めて来てくれた近所のご夫婦が2度目来てくれて、カウンターに座ってくれたから、ちょっと仲良くなれた。

1日の嵐電貸切に参加してくれる、旦那さんが香住、奥さんが温泉町出身のTダさんご夫婦も久々に寄ってくれた。

楽しい楽しい金曜日、で、終わるはずだった。


けど23時で強制的に営業終了(`ω´)
その時間あとに予約もあったけど、強制終了。

この詳細については俺は書きたくない。

なんで営業終了にせなアカンのかをわかってくれたらええけどね。間違いは誰にでもあるし。

終了宣言をしてから、常連インドアさんが来てくれて、「もう営業はおしまい」と伝えたけど俺の怒りに久しぶりに共感してくれて、「ビール一杯だけ飲んでいくわ」


つーわけで。

土曜日はバリバリに営業です。
もう、俺の機嫌も直ってます。ゆんたくしにぜひどーぞ。

どもども。
[PR]

by nankulu | 2008-02-23 08:59 | 営業

☆☆☆臨時ブログ

こんな時間だのに、臨時ブログです。

諸寄の友だちの漁師カッチャンがハタハタを送ってきてくれました。

今日のブログにも書いたけど、ハタハタって秋田が本場のようなイメージがあるけど、浜坂町は日本有数の漁獲高を誇ってるんですよねー。

個人的には、茹でてポン酢か、焼いてポン酢か。
昨日水揚げされたやつだし、今日の注文具合を見て、新鮮なうちに一夜干しにするつもり。

売れ残ったのと、新鮮なやつでは、干物にしたら全然味が違うしね。

つーことで。
ぜひどーぞ。

ちなみに、昨日の夜に常連インドアさんがの一夜干しのハタハタを差し入れしてくれてるんで、干物もあります。
[PR]

by nankulu | 2008-02-22 16:35 | 番外速報

50人突破したばっかやけど

開業625日目(2月21日 木曜日)

ナンクルツアー第4弾『嵐電貸切』続報。

あ。「第4弾ってことは、これまで何をやってたん?」っつー、ナンクル若葉マークの方から尋ねられたんで、これまでやったことを挙げますと。

第1弾『浜坂 夏のBBQツアー in諸寄漁港のセリ場』
(2007年7月1日 参加者11名+現地の友だち)
俺の第2の故郷、限りなく鳥取に近い兵庫県の浜坂。ズワイガニとかホタルイカの漁獲高がぶっちぎりの日本一で、ハタハタとかも日本有数なのに、その漁獲高ゆえになかなかメジャーになれぬ漁師町。そこに行って、岩ガキとかサザエとかをメインにBBQ。

第2弾『浜坂 冬のカニツアー in諸寄漁港のセリ場の2階の会議室』
(2007年12月16日 参加者18名+現地の友だち)
その当日に諸寄漁港に水揚げされたばっかの松葉ガニが1人1杯に、コッペガニが食べ放題。そう、コッペは事実上食べ放題だった。だって箱買いしたから。100匹以上はあったんで。
正真正銘の地のもん。ウルトラ豪華でウルトラ贅沢。でもって、参加費は、交通費も呑み代もなにからなにまで含んで一人当たり7000円強。ウルトラ激安。
日本旅行でも近ツーでも真似ができるもんならやってみやがれ!と鼻息が荒くなったツアーでもある。
ここまで安く抑えられたのは常連Sトさんが、格安でマイクロバスを借りてきてくれたからなんだけど。カニも浜値で買ってるし。
とりあえず、〆めで食べたカニ雑炊は今でも話題にのぼるぐらい絶品だった。俺も今までの人生であんな美味いカニ雑炊は食ったことがない。信じられん量のカニの身を惜しげもなく投入したからな。あれと同じものを京都で食べさせてもらって、それに値段がついたら、おそろしい金額になるはず。それぐらいのカニをぶっこんだ。そら美味いはずや。

第3弾『伏見 酒蔵見学ツアー in招徳酒造さん』
(2008年1月16日 参加者14名)
これはついこの前のやつやね。あくまで【蔵見学】であり【試飲】であるのに、俺らは、あろうことか、酒のアテを持ち込んで、がっつりと呑む体制を構築してしまった。
社長にも杜氏さんにも営業さんにも喜んでもらえたのがすごい嬉しかったな。



…でもって、第4弾に続くわけです。今のとこ参加者は30名を少し上回ってます。
仲良くしてもらってる太秦のお肉屋さん『佐野屋』さんに行って、唐揚げとか串カツとかをデリバリーしてもらう相談。
ま、これで車内で食べるもんは、寿司と揚げもん、とりあえず決定。うちからポチギ(※これを知らない人はナンクル若葉です)とかフィッシュカツとかは用意するつもりやし、食べ物はこれでもうええやろ。

ビールサーバーの持込みは、結局なしに。
電磁調理器の持込みもいまのとこ微妙。ただし、ホットプレートは、ポチギ用に持っていくかも。
あと車内ゲームは、ビンゴが有力。なにを賞品にしたらええのか悩むとこやけど。

そんなとこかな。


今日は、一発目のお客さんが5時に。
客「あのー、お店、何時から開くんですか?」
俺「5時からです…もう開いてます」
って言う俺は、5時なんかにお客さんが来るとは全く思ってないから、まだまだ準備の真っ最中でバタバタなんであるけど、平然と招き入れる。
このめちゃめちゃ近所であるらしいお客さんが特製ソーキそばを食べてくれて、帰ってすぐにmixiナンクルコミュに参加してくれた。これでメンバー56名。
もうすぐ、Sトさんの招待でヒトッチが、俺の招待でザンプがmixiを始める予定で、すぐにナンクルコミュに参加してくれるはずであるから、そうなったら、60名が見えてくる。

ええぞええぞ。ついこの前50人突破でイベントやってる最中やのに。

そんなこんなで、まったりになりがちな木曜にしては、なかなかええ感じやった。
ともじゃーさんが初めてピンで来てくれたのも嬉しかったな。
Sトさんも寄ってくれて、たいがいSトさんも若々しいけど、ともさんと二人でカウンターに座ったらこの二人が同級であるっつーのがやっぱり信じられんな。
美容室スマイルのオーナーさんが、うちの近所に住んでる友達と一緒に来てくれたのも嬉しかったな。


ま、ええ日でした。
金曜日もばりばりです。
木曜に欠品した「海ぶどう」も入荷します。残量が怪しかったオリオン樽生もばっちり届きます。

ゆんたくしにぜひどーぞ。
ではでは。
[PR]

by nankulu | 2008-02-22 10:03 | 営業

100円争奪ゲームとかビンゴとかかなー、ベタやけど

開業624日目(2月20日 水曜日)

嵐電貸切がもうじきだ。
嵐電社員であり、当日参加者でもあるKムラさんと、出発時間等々メールでやりとりして話しをちょっと詰めた。当日は、もう1組、鉄ちゃん集団の貸切があるそうで、そことの調整が必要になってくるんである。
もはやKムラさんはうちらの身内のような人だし、やっぱありがたいねー、こっちサイドでものを考えてくれる人がいてくれるのは。

が。

常連Sトさんこと、ユージさんの友だちが、どっかの嵐電の駅の前で寿司屋をしてるんで、そこから出前を頼むことは決まってる。

集合場所が阪急西院駅前、もしくは嵐電西院駅で、それから西院車庫に向かうのも決まってる。

西院車庫から乗車して、そこから嵐山にそのまま出発するのも決まってる。


…以上なんである。決まってるのはそれだけなんである。…ちょっとマズイかも。


勝負は、いかに短時間で酔わせられるかっつーことだろうな。酔えば楽しくなるはずや。実に安直やけど。

mixiナンクル食堂コミュ内のトピック『ナンクルTシャツ作成への道』で、デザインの最終案がのってます。あれでゴーします。ちなみにあの図案はバックで、フロントにはナンクルのロゴか文字が入る予定です。
嵐電貸切当日には、Tシャツ受注用紙を配布し、よっぱらって見境がなくなってる人をターゲットに注文を取りまくる(`0´)ノ という悪魔の如き計画もあるしな。酔わさなな。

ま、そんなこんなです。

本日ははやい時間から近所の人が来てくれて、まぁまぁまずまずの流れやった。

木曜日もバリバリに営業です。
ゆんたくしにぜひどーぞ。

どもども。
[PR]

by nankulu | 2008-02-21 09:32 | 営業

カキを食ったの、何年ぶりや?

開業622日(2月18日 月曜日)~623日目(2月19日 火曜日)

月曜も火曜も定休

月に一度の連休。(※第3火曜が一応定休。ただ毎週月曜はほぼ固定だけど、ここの休みに関しては変更がかなりあります)

日曜の深夜、雪の降る京都を出発して、3時間程度で着いちゃう徳島の実家に帰るのが実に1年半ぶりぐらいなのにおののきつつ、ま、帰って、なにをするともなくボーっと。

用件はひとつだけあったんだけど、あっさりと月曜日の午前中に片がついてしまったんで、やることもなくなって、帰ったら必ず一緒に呑む仲間ザンプを誘い、徳島ラーメンを喰いに行く。
b0109517_871290.jpg


前にもブログで書いたが、俺が好きなのは地元・小松島の、この店を知らないやつは小松島市民ではないと断言できる『岡本中華』の中華そばで、徳島ラーメンというのは小松島の人間には全然なじみのないジャンル。
でも、まー、これはこれで、かなりいける。うまい。

1泊しかせんから、夜はさすがに出歩いたらマズイだろーと自粛して、家でひたすらオトンとオカンの相手。


で、まー、火曜日です。
昼飯食ったら出発しよかーと思った、その昼飯が俺を驚愕させた。

俺を何度も死の淵へと追いやり、何度悶絶したかもしれぬ、牡蠣がどーん。げー。
ちょっとちょっとオカンオカン、あんた昼間っから、なにを思って焼きガキや出してくんねん!

しかもオカンは、焼きガキにとどまらず、俺の大好きなシラスの釜揚げから、なんやかんやと嬉しそーに食卓に並べていくんである。

…よー言えん。俺カキが喰えませんなんて、このオカンによー言えん。

箸で、プリプリした焼きガキをつまみながら、俺は遙か昔、ひとりでインドをうろついてた頃を思い出した。
旅の途中で仲良くなったインド人に家に招待されて、晩ご飯をご馳走になった。当然、カレーや。俺はそのカレーをひとくち含んで“ヤバイ!”と思った。
“このカレー、なんかやばいぞ!”
本能が『食べるな!』って命令してる。喰ったらヤバいぞ!ってガンガン警報鳴らしてる。

しかし、目の前では、「どんどん喰えどんどん喰え」と満面の笑顔で迫ってくるインド人ファミリーがいる。
ここは喰っとかなアカンやろー。男やったらいかなアカンやろー。

…で、結果として、俺はガンジス川のほとりで死を覚悟するぐらい発熱下痢嘔吐に苦しんだんである。

思い出した。あのインドのときと状況は全く一緒や。
作る前やったら言えたかもしれんけど、作ったあとやと俺は言えん。
しかも俺の好物はかなり把握してると思われるオカンが、俺が唯一喰いたくても喰えんもんが牡蠣であるっつーことを知らんそのことが、親元を離れて暮らした歳月の長さを感じさせるんや。

喰いました。鳥取の、日本で初めてシャブシャブを出したっつー店で、2枚貝の煮つけを食べて30分後には病院送りになってしまって以来、遠ざけてた2枚貝。


…大丈夫やった。なんともなかった。なんも出んかった。
久々にネコの毛に悩まんとぐっすり8時間以上寝たから、ぜんぜん身体が元気やったからかなー?
そーいや、お医者さんに、疲れてるときに食べたらヤバイぞ、って言われた覚えがあるな。



ま、そんなこんなの休日でした。

水曜日はバリバリに営業です。ユンタクしにぜひどーぞ。

どもども
[PR]

by nankulu | 2008-02-20 09:04 | 休日