ナンクル食堂血風録


京都・右京区梅津の梅宮大社の側。酒屋の横で、食堂というより限りなく”立ち飲み”のノリの小さな店で巻き起こるデキゴトを書き留めておこうかな、というブログ。 nankuluseiji@gmail.com  電話070-5653-1589
by nankulu
友だちの輪
あめにじ
育親日記
うましか日記
こだわりのもの
大家便利商店
薔薇とチョコレート
はまだそら的生活
kana-briefing
順風丸 嫁のひとりごと
フジヤマプリン








●●これからの予定●●
14日(日)臨時休業
15日(月)定休日
16日(火)〜19日(金)通常営業
20日(土)店仕舞いしつつ変則営業
21日(日)から新店舗移転に向け活動!
 
新店舗は11月下旬か12月上旬オープン予定!

※19日が通常ラスト営業!
※とはいえ欠品が出たら補充しません!
※20日は在庫整理的な営業になります!

++急な変更もあります++
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
台風直撃
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
雨の日の朝
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
焼酎 プレミア 渋柿
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
沖縄VOL..2
from 沖縄
濃厚なとんこつラーメンと..
from 政宗のよじげんポッケ
今年初
from Anything Story
はじまり
from 神田ぶろぐ
タンブラー ランキング
from タンブラー ランキング
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧


仕事カバン

開業299日目(3月30日 金曜)

嫁さんが友だちと一緒に、何かとゴタゴタが続いてる『一澤帆布』と『信三郎帆布』に行ったら
『信三郎』は大行列だったけど、『一澤』には全く人が並んでなかったそうだ。
ま、たまたまだったのかもしれんけど。

どっちもどっちという意見もあるけど、やっぱり世間の大半は『信三郎』の肩を持ってるんだろーな。やっぱし。

で、こんな仕事かばんを買ってきてくれました。
b0109517_15281718.jpg

家の中だけの移動しかないんだけどなー。
[PR]

by nankulu | 2007-03-31 15:32 | 営業

300日記念はALL300円、つーことで。

開業298日目(3月29日 木曜)

ひさびさに諸寄の漁師・カッチャンと電話で喋る。
4月2日に水揚げして、そのまま4日まで“春休み”だそーだ。
諸寄漁協に所属する船は漁に出ないんで、2日(月曜)に浜坂まで買い出しに行くことにしました(予定)。

カニ漁も終わったし、今はホタルイカ(富山が有名だけど、実は浜坂が漁獲高日本一!)とかハタハタがメイン。

ま。なんか面白いのがあったら仕入れてきますね。


****宣伝****
31日(土)の開業300日記念は、前言撤回、生ビール100円は取りやめで、
ドリンク・フード 
ALL300円
ということにします。
ビールだけじゃなくて、泡盛も焼酎もシークワサー酒も純米酒もゴーヤチャンプルもタコライスも全部一律!
お客さんの立場なら、こっちの方がお得だしね。
お馴染みYシタさんに「そんなことして大丈夫ですか?」と心配されてしまいましたが、
1日だけのことやし(^^ゞ
にぎやかしにぜひお越しくださいm(__)m
[PR]

by nankulu | 2007-03-30 11:48 | 営業

ブルーハーツ

開業297日目(3月28日 水曜)

馴染み客A「今日、ボクらの耳は遠いです」
俺「なんで?」
A「ザ・クロマニヨンズのライブに行ってきた帰りなんで」
俺「まじで!」



『迷走王 ボーダー』 原作・狩撫麻礼(カリブ・マーリー) 作画・たなか亜希夫
20年前、ワタクシの心を鷲づかみにした全14巻の漫画。
漫画喫茶なんかにはけっこう置いてあるんで見つけたらちょっと読んでください。復刻版も出てるし。
いま、ヤフオクをチェックしたら出品されてますね。誰も入札してないけど o(TヘTo)
この漫画の中で、ザ・クロマニヨンズの前身の前身、ブルーハーツが何回も繰り返し紹介されてるんですね。
原作者の狩撫麻礼が、『リンダリンダ』に激しくインスパイアされたみたいで、その強烈な思い入れが、一貫してこの漫画の底流にあります。

そういや那覇市民会館にブルーハーツのコンサート観に行ったなぁぁ。うんうん。

というわけで今夜はブルーハーツ聞きながら、泡盛飲もう。
b0109517_9561127.jpg

比嘉酒造「残波(ざんぱ) 白」通称ザンシロなんかロックで呑みつつ、
BGMに「人にやさしく」なんてメッチャ合うと思いませんか?
[PR]

by nankulu | 2007-03-29 10:01 | 営業

バイリンガルの道は険しい

開業296日目(3月27日 火曜日)

京都という実にインターナショナルな場所でお店をやってるにも関わらず、
梅津というこれまた実にローカルな場所でやってるもんだから
外国のお客さんが無い。

別に外国語に堪能というわけでもないから来てもらっても困るんだけど、わいわいがやがやと無国籍風になるにはいろんな国の人が混ざるのが一番だから、来てくれたら嬉しい。

…とゆーわけで、開業296日目にして、初の外国人のお客さん!
しかも通りすがりに1人でふらりと立ち寄ってくれるという、なんともスバらしい行動力。

カナダ出身、日本で暮らすこと延べ8年の日本語ペラペラ、ナイスガイな英語の先生。
怪しげな英会話教室の不良外人とは違って、ちゃんとした英語の先生です。
ひらがなカタカナどころか、漢字まで読めるしw(▼o▼)w

けっこう英語コンプレックスを持ってる人って多いと思います。
やり直せるならやり直したいと思ってる方、多いでしょ?
外国に旅行に行って流暢に英語を喋りたいとか、喋れたらあんなことやこんなことが出来るのにと不届きな気持ちを持ってるとか。

純米酒『武勇』を熱燗で美味そうに呑んでる、このカナダ人・Tさんに「いい歳したオッチャンが英語をやり直すにはどういう方法が良いのか?」と尋ねました。

英語教師Tさんの答え
●ポッドキャストで英語をひたすら聞く。タダだし。
●映画を見る
●「ペンギンリーダーズ」みたいに使用語彙数が分かる本で自分のレベルに合った本を大量に読む。目安として1ページに知らない単語が3つあったらダメ。2つならOK。大量に読んだら、上のレベルにステップアップする。

ま、一言で言えば『頑張らんとだめだよ』つーことですね。

ということで。ちゃんちゃん。
[PR]

by nankulu | 2007-03-28 13:24 | 営業

もうすぐ開業300日♪

開業295日目(3月26日 月曜)

本日休業

あんまし見たい映画もないし、ひさしぶりに吉本新喜劇でも観に行くか!と、とりあえず難波に行くが、当日分チケットも売り切れ(▼▼;) ウゥ.....

ま、仕方ない。

道具筋とかウロウロして、これまた久しぶりに鶴橋に。
近鉄鶴橋駅に到着してホームに出たら、いきなり肉を焼いてるにおいが充満してるし
(▽_▽;)P
昼間からなんて食欲をそそる町なんだ。

このご時世にも関わらず正々堂々とバッタもんを売ってるお店とか、あんなもんやこんやもんのお店が所狭しと連なってる市場をウロウロして、当然ながら焼肉を食う。
キムチを買うかどうか悩んだけど、これ持って電車に乗るのはやっぱりマズイよなぁぁぁと自主規制して断念。

結論。べつに韓国に行かなくても鶴橋で充分だ。

そんなこんなで今日もおもろかったです。また火曜からガンバロー!


++++宣伝らしきもの++++



【開業300日】
が、どこかで数え間違いさえなければ、こんどの土曜日、3月31日です!
これまで【100日】の時はドリンクall100円
【200日】の時は、安易にドリンク限定200円

…という流れで
【300日】でドリンク300円
なんですけど、今回は
樽生ビール(中)100円! 
アサヒもオリオンも100円でやります。
ということで。
しかし、あれですね。なんかイベントごとをするのは楽しいですね。
ではでは。
[PR]

by nankulu | 2007-03-27 09:20 | 休日

米軍の影響っていろいろあるな

開業294日目(3月25日 日曜)

沖縄食材紹介シリーズ第4弾【キャンベルスープ】
b0109517_23341130.jpg


アンディ・ウォーホールによって、アートにもされたキャンベル缶。

ま、これもポーク缶と同じく戦後米軍が持ち込んだもんでしょうが、沖縄の食堂で出てくるスープは、ほぼ間違いなくキャンベルスープです。

おそらく、ポーク缶と同じくキャンベルにしても一人当たりの消費量は、日本一かそれに準ずるぐらい飲んでるはずです。

いちおう『なんくる食堂』では在庫も持っててスタンバってはいるんですけど、なぜかキャンベルスープがメニューに載ったことがありません。

理由はないんですが(-_-;)


どなたから熱いリクエストがあれば出しますね。
[PR]

by nankulu | 2007-03-26 23:40 | 営業

オリオンの味

開業293日目(3月24日 土曜日)

沖縄の某人から電話があった。
某「せーじさん。大変です」
俺「なにが?」
某「オリオンビールが4月から作りを変更するそうです」
俺「は?」
某「つまり【味】が変わってしまうってことですよ! 現行のビールはもしかしたら“クラシック”みたいな名前で残るかもしれませんが」
俺「ふーん」

沖縄で売ってるビールは、オリオンが安い。
地場だから、という理由では無くて、ただたんに、酒税が本土と較べると20%安いから。それがそのまま価格に反映してるに過ぎない。
その優遇措置がこの5月で終わる。
それを見越した上での動きなのかな?

ま、皆さん、そーいうことだそうです。現行のオリオンの味に郷愁を感じずにはいられない人は、今のうちにぜひナンクルでご愛飲ください。樽・缶・瓶すべて取り揃えております。
オリオンの発泡酒は置いてませんけどね。
[PR]

by nankulu | 2007-03-25 02:27 | 営業

コーレーグース

開業292日目(3月23日 金曜)

イタリアでは、パスタにタバスコなんてかけないらしい。
少なくとも、ピザにもかけないらしい。
イタリアでは。

イタリア料理屋さんで働いてた同じ町内のU夫人から教えてもらった。
そーなんだ。ふーん。

U夫人は沖縄そばを食べながら「だからタバスコは店には置いてなかったけど、でもコーレーグースは置いてたのよね。謎だけど」


…ということで、本日の沖縄食材は【コーレーグース】
b0109517_97692.jpg

↑これは沖縄在住ヨーコちゃんからお土産にもらったもの。

名前の由来は諸説あってはっきりしてないみたい。泡盛の古酒のことを『くーすー』って言うし、島唐辛子を泡盛で漬け込んで作るんだから、そこからのヒネリが有力なような気はする。

塩を入れたり酢を入れたりする人もいるが、“泡盛+島唐辛子”だけでも良いから家で簡単に作れます。

『沖縄そば』にはなくなてはならない調味料だけど、好きな人はチャンプルもんにもふりかけます。
ただし、ちょっとかけただけで味がけっこう変わるから、一気にかけたりせずに、数滴ずつたらして確認しながら食べると後悔しない。

もとは泡盛なんだから、と呑んでみようなんてことは決して思わないように。
悶絶します。
[PR]

by nankulu | 2007-03-24 09:14 | 営業

ポーク缶詰

開業291日目(3月22日 木曜)

朝からあちこちに買出しに走る。
高槻のコーナンまで行ったから、ついでにマチュペチュ帰りのマキノさんとこに寄ろうとオーガニックカフェ『南風楽天』に行くがCLOSE。う。
けっこう哀しい。

ま、休みの日をメールでもらってるのにチェックしなかった自分が悪いんですけどね。

ここしばらく、花粉症の薬のせいで、夜中0時ぐらいになると猛烈に眠くなってグラグと身体が揺れてたけど、今日は無事に乗り切る。

鼻声が続くけど、クリネックスの使用度は劇的に減ってる。鼻の下、痛くないです。

沖縄モン紹介第3弾【ポーク缶詰】
b0109517_10501794.jpg

沖縄で「ポーク」と言えば、豚肉ではなくて、缶詰。
戦後アメリカが持ち込んで、家庭でも食堂でもフツーに食材として使われてて、とにかく沖縄の人は大好き。
食堂の代表メニューが『ポーク玉子』 
チャンプルに入れるのも定番。
そーえば韓国でもやっぱり米軍の影響だろうな、けっこう売ってて、ポークを使ったチゲもあります。

1人あたりの消費量では沖縄が国内ぶっちぎりで第1位。ま、そーだろ。
いろんな種類があるけど、うちでは写真の2種類を使ってます。
両方ともアメリカのホーメルのやつ。
ポーク缶といえば、デンマーク製のチューリップも外せないぐらい人気があるんで、近々入れる予定。

さすがに輸入食材だけあって、売ってるお店によって値段のバラツキが相当あって、沖縄通のWさんの調査によると京都で一番高い店は、三条にある●●屋だそうです。
ちなみにうちでは沖縄から送ってもらってます。

これはねぇ、ほんと塩っけが身体にメチャメチャ悪いんだろうなぁとは思うんですが、絶妙にうまいんですよね。ごはんにも合うしビールにも合うし。
おかずが無くても、ぼくはポークだけで、ごはん3杯はいけますね、はい。
[PR]

by nankulu | 2007-03-23 11:12 | 営業

偶然ってあるんだね

開業290日目(3月21日 水曜日)

女性の方から電話があった。車でお店に行きたいが行き方がよく分からない、と言う。
来たことないけど、電話番号を知ってる。
ということは、このブログでうちの店を知ったか、誰かに教えてもらったか。

ナンクル食堂は京都でもけっこう辺鄙な場所にあるけどすんなり理解してくれた。

電話から30分ぐらいで、電話の女性と連れの男性の2人組がご来店。

そのとき、お店には3番テーブルにNカワさんグループ、1番テーブルにMファミリー、常連Mムラさんがカウンターで呑んでいた。

常連Mムラさんが、新規お客さんの男性の顔を見て
「わ」

新規お客さんも
「わ」

この新規お客さん=Wさんはとにかく沖縄が大好きで、とりあえず京都にあるすべての沖縄料理屋がどんなもんなのか全店制覇しようと目論んでるらしい。
うちの店は検索でブログがひっかかったそうで、わざわざ山科から車を飛ばしてやってきて狭いお店に入ってみたら、そこには旧知のMムラさんがすでに上機嫌で呑んでいた、というわけです。

二人は、知り合いどころか、メチャメチャ付き合いが長いらしい。
そんな二人だけど、Mムラさんは太秦、Wさんは山科という京都の端と端で暮らしてる人らが、大通りに面してもいないこのお店で偶然にもばったり鉢合わせするなんて、確率的にいうとどうなんでしょう、宝くじに当たるぐらい有りえないことだと思いますけど。

Mムラさんから何ひとつうちの話しをWさんは聞いてないんだから。


世間は広いように思えるし、ホントに広いけど、ときに信じられないくらい狭くなる。

悪いことはできんなぁと改めて思ったしだいです。はい。
[PR]

by nankulu | 2007-03-23 02:50 | 営業