ナンクル食堂血風録


京都・右京区梅津の梅宮大社の側。酒屋の横で、食堂というより限りなく”立ち飲み”のノリの小さな店で巻き起こるデキゴトを書き留めておこうかな、というブログ。 nankuluseiji@gmail.com  電話070-5653-1589
by nankulu
友だちの輪
あめにじ
育親日記
うましか日記
こだわりのもの
大家便利商店
薔薇とチョコレート
はまだそら的生活
kana-briefing
順風丸 嫁のひとりごと
フジヤマプリン








●●これからの予定●●
14日(日)臨時休業
15日(月)定休日
16日(火)〜19日(金)通常営業
20日(土)店仕舞いしつつ変則営業
21日(日)から新店舗移転に向け活動!
 
新店舗は11月下旬か12月上旬オープン予定!

※19日が通常ラスト営業!
※とはいえ欠品が出たら補充しません!
※20日は在庫整理的な営業になります!

++急な変更もあります++
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
台風直撃
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
雨の日の朝
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
焼酎 プレミア 渋柿
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
沖縄VOL..2
from 沖縄
濃厚なとんこつラーメンと..
from 政宗のよじげんポッケ
今年初
from Anything Story
はじまり
from 神田ぶろぐ
タンブラー ランキング
from タンブラー ランキング
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧


打ち上げ

開業55日目(7月30日 日曜)

『ナンクル食堂』の工事に関わってくれた方々と、本日は「打ち上げ」。

ま、今頃かい! というツッコミが入るぐらいの遅さですけど、電器屋スギタさん以外は
皆さん大阪の方なんで。

工事途中でインドへ旅立ってしまったイノウエさんとも、あれ以来の再会。
良い感じに仕上がってることを喜んでくれてました。

親方トヨカワさんとイノウエさん以外では、オカさん+カワタさん(奥さんも一緒に)+名前知らない旅人+電器屋スギタさん+トヨカワさんの友だちで伏見在住のホウネンさん親子と、実に賑やかな呑み会で楽しかったです。


『大工さんらが来たら呼んで』と頼まれてたご近所の常連さんヤマモトさんご夫妻と、「オッペケ亭」リョウコちゃんが来たときには既に親方トヨカワさんはデキあがってて、車の中で爆睡中。

ちょっと残念でしたけど、嫁が三線をひいてくれて、場の空気をオキナワンな感じにしてくれたんで、ま、それはそれでよかったかな、と。

昼過ぎからトヨカワさんの工事手直しにくっついて、そのまま「打ち上げ」に突入したんで、
ちょっとシンドいです。

シンドいんですけど、これからラーメン横綱に行くかどうか悩んでます(-_-;)
ちなみに現在の時刻は夜中の1時ジャスト。

疲れがたまってんのがわかりますねぇ。

そんなこんなで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-31 01:04 | 営業

ピタパンなどなど

開業54日目(7月29日 土曜)

朝からバスに乗って、河原町方面へ。

錦市場を端から端まで歩いて、三条橋のたもとの床があるというスタバへ。

途中、明治屋によったら、いっときメチャメチャ探しまくっていたピタパンが山盛り売ってて
狂喜する!(^^)!

ピタパンとは袋状になってるパンなんだけど、どこのパン屋さんにも無かったんですわぁ。
迷わずゲット。

で、お昼は、際コーポレーションがやってるアメリカンなお店へ。
際系のお店は「紅虎」とか大好きなんですけど、アメリカン(お店の名前も忘れた…)な店は僕のツボには入らなかったです。


漁師カッチャンから、船外機おろしたからいつでも潜れるで、という連絡が入る。
ためしに潜ったけど、濁って全然見えなかったらしいです。ずっと天気悪いしねぇ。


この時期っていつも潜って遊んでましたが、京都の夏はつらいです(-"-)

ということで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-30 10:16 | 営業

金曜は暇

開業53日目(7月28日 金曜)

金曜というのは、基本的にパッとしない曜日でして。
どれくらい暇かというと、休みの日を火曜にするか金曜にするかで悩むくらい暇です(-_-;)

今日も前半だけちょっと忙しくて、パタっと人がいなくなりました(ToT)

良く飲んでくれる常連さんが来てくれたお陰で、オリオンは目論見とおり注文が入り
2日間で10リットル樽1本分は出てますが。

ま、他の店からみたら全然、全くたいしたことないペースですが、
うちの店規模ではまずまずといったとこでしょうか。


12時に店閉めて、嫁と五条のスタバへ。
夏休みをどうするかなどを話しあう。

高槻『南風楽天』さんは、8月ほぼ半分休みにして、長崎の五島列島に遊びに行くみたい。
心底羨ましいッス。

ま、そんなこんなで。
ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-29 02:09 | 営業

オリオンビールがやってきた

開業52日目(7月27日 木曜)

オリオン生樽、ついにやってきました。

オリオンのロゴの入った提灯とか旗とかももらったんで、うれしげに飾ってます。

値段は、熟慮して熟慮して熟慮して、最後はめんどくさくなって

『580yen』にしました(+_+)

せめて600円は欲しいんだけど、「8の法則」にひきづられ…


かなりガンバッテル値段だと思います。人が言ってくれそうにないんで自分で言いますが。


オリオン初日にして早くもこれ目当て(?)に来てくれた常連さんもいたし、
新メニュー『おにポー(ポーク入りおにぎり)』の注文も入るし、この前仕入れたサザエは全部なくなったし、新規のご近所さんも来てくれたし、サンコールからも『会社で評判が良いから』と初来店グループもあったし、トヨカワさんからも雨漏りの修理に日曜来るという連絡が入ったし、もう言うことなし!!

これでもうちょっと売り上げがあがったらなぁ…と痛切に思いますね(ToT)

ということで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-28 14:25 | 営業

まずまず

営業51日目(7月26日 水曜)

本日は、ボーズどころか
大繁盛でした(@_@;)

といっても、あくまで『うちの店のレベル』の繁盛なんで、
通常レベルで考えるとたいしたことありません(ToT)


「店を拡張するぐらいなら2号店作る! 目指せ河原町! ライバルは大戸屋!(バンコクですごいことになってるし)」
と開店51日に満たぬ段階で吼えてるんですけど、いったいいつになることやら…。

そんなこんなで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-27 10:40 | 営業

臨時ブログ

オリオンの生を幾らで提供してんだろうか他の店は…
と思ってネットで調べてたら、
奈良の某沖縄料理屋さんは『700円』で出してた(@_@)
グラスもうちが入れようと思ってるのと同じタンブラータイプでした。

アサヒの『450円』と比較して、あんまり差をつけたらオリオンが出なくなるなぁと思って

『500円(この値段で出したらボランティアです)』
『550円(無理したらこのラインが出てくるけど…)』
『600円(毎夜サーバーのホースを洗浄してるけど、そのときの残量ビールの廃棄ロスはけっこうバカにならんから、これぐらいの値段がいちばん妥当かな)』

の3つの価格で安いか高いか悩んでたのに、
そうかぁ『700円』かぁ。


そら、それぐらいの値段をつけなやってられんわなぁ、実際。と思う。
ものすごく樽の回転がはやい! というなら別だけどね。

『580』かなぁ。うちは。

それでもガンバッテるんやけどなぁ。うううん。
[PR]

by nankulu | 2006-07-26 10:46 | 番外速報

ボーズにならず

開業50日目(7月25日 火曜)

なんか節目みたいな『50日』

酒屋に来てくれるお客さんへのアナウンス以外、全く宣伝らしい宣伝もしてないのに、本日もボーズにならず\(◎o◎)/!
開業以来、ずっと「客ゼロ」というのを味わずにすんでいるのは誠に有難いことです_(._.)_


インディーズのレーベルと契約した近所の若いミュージシャン君は、「梅津でやっててボーズが無いなんて凄い!!」とこの前来てくれた時にずいぶんと褒めてくれました。

どんなとこやねん、梅津。


さてさて、オリオンの生樽続報。

具体的な値段が出てきました( ..)φメモメモ
ま、予想範囲内といえば範囲内。
やはり沖縄は遠し、送賃はバカにならず(T_T)

いまうちは「アサヒスーパードライ」をいれてるんですが、10リットル樽で比較すると、
だいたいオリオンの方が2,000円は高くつきます。
ゲ(@_@)

2000円の影響度がどれくらいかと言うと、大雑把に計算して、一杯あたり原価で100円は違ってくる。
ちなみに『ナンクル食堂』の中ジョッキ(アサヒスーパードライ)は450円。
とてもじゃないけどオリオンの生を同じ値段で提供するのは無理。
じゃあ、幾らなら妥当なのか?
幾らなら飲んでくれるんだろうか?


単純に上乗せすれば『550円』という値段になるんだけど、
これを「やっすぅ」と思うか「たっかー」と思うかは微妙なような気がするんですよねぇ。

収納スペースの問題で、オリオンから提供されるロゴ入りのグラスを、ジョッキタイプではなくて「ロングタンブラー」を選ばざるをえなかったのもマイナスポイントだろうなぁ。
取っ手分がかさばるんでタンブラーにしたけど(予定)、現在アサヒで使ってるジョッキと全く同じ容量なのに、見た感じがどうしてもタンブラーは少なく見えちゃうんですよねぇ。
これは酒飲みの心理としてはマイナスです。

しかし、オリオンの生を注文してくれる人って、なにかしら沖縄に思い出とか思い入れとか興味がある人に限られるんだろうし、ただの酒飲みはおそらくオリオンなぞ見向きもしないだろうからあんまし問題ないか…(--〆)

ま、明日の水曜に発注かけます。
そしたら木曜には着くはずです。

店先に「オリオンビール」ののぼりがハタメクはず!!!

そしたら皆さん来てくださいねぇ。

ということで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-26 01:21 | 営業

初貸切り

開業49日目(7月24日 月曜)

初貸切です!(^^)!

といいつつも、予約の主は嫁だったりするんで、誠に気が楽です。

ま、気は楽ですけど、テンテコマイで。お客さんは14名なんですが(-_-;)

本日のテンテコマイの原因(-"-)は、仕込が中途半端だったってことでしょうか。
お造りで「鯛の姿づくり」作ってたら予想外に時間がかかって…
だんだん沖縄料理にシフトしていってるんで、魚さばくのひさしぶりだったし。
おにぎり、握っておきたかったのに出来てなかったは痛かった。


因みに本日のメニューは。
①チラガー(豚の顔)
②モズクの酢の物(浜坂産。沖縄産が一般的だけど、モズクは日本海のが細くて美味いと思う)
③ゴーヤの生サラダ(割りと好評だったようだ)
④刺身(鯛・ハマチ・甘えびの3種盛。姿づくりにビックリしてくれたみたい)
⑤豚の角煮(皮付きが間に合わなかったんで、豚バラブロックで)
⑥蒸し牡蠣(浜坂は諸寄漁港直送)
⑦サザエの壷焼き(浜坂は諸寄漁港直送)
⑧モサエビの塩焼き(これも諸寄直送)
⑨干物3種(ハタハタミリン干し・ハタハタ一夜干し・ドギ一夜干し)
⑩タコス風サラダ(予定に無かったけど、嫁が出してと言うんで)
⑪油みそ入りのおにぎり
⑫ブルーシールのアイスクリーム

これで、ドリンク別のお一人様3000円!!!

いやあ、出血大サービスですねぇ、自分で言うのもなんですけど。

嫁がけっこう『ママさん』状態だったんで回りましたけど、これが他人のグループだったら
きつかっただろうなぁ。

ま、そんなこんなでバタバタしつつも、喜んでもらえたみたいなんで良かったです。

ということで。

ではでは。




   
[PR]

by nankulu | 2006-07-25 11:16 | 営業

足あらい

開業48日目(7.23 日曜)

お昼過ぎ、ソフトバレー大会の足アライで、同じ徳丸町の方々が。
オヤジがなにかの世話役になってるんで使ってくれたみたいです_(._.)_

有難うございました。


いろいろと書くことがあるんですけど、これ書いてるもう数時間後に、
初の貸切が待ってます(-"-)

仕込みがありますんでパソコンの前から退散します。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-24 14:33 | 営業

鶴ちゃんイズム

開業47日目(7.22 土曜)

嫁と一緒に梅田に買出し。

お昼を駅前第3ビルの地下2階、うどん屋さん『はがくれ』で。

ここはいつも行列ができてるんでちょっと気になっていたんですねぇ。
なにかのHPで、「大阪で一番有名なうどん屋うんぬんかんぬん…」と宣伝されてたし。

店先に、フライデーとか週刊現代とかに掲載された記事が掲示されてました。

店主さんとか店員さんはめちゃめちゃフレンドリーで繁盛する理由がわかる気がしましたが、
でも、まぁ、並んで食った身でこんなこと言うのもなんですが、
「並んでまで食うものか?」と思ったのも確かです。
同じフロアにも頑張ってるうどん屋さんはあるし。なにがちがうの?

行列ができる店とできない店の差が、マスコミに取り上げられてるかどうか、で決まってるのであれば、それはちょっとおかしい。
もしかしたら、もともと有名店で、それをあちこちで取り上げられることで、よりターボがかかった状態になってるのかもしれませんが。



消費者ってホントに賢いんだろうか、と思うときがあります。
実は「消費者は賢い! 消費者はだませない!」と言ってる商売人は、陰でベロを出してるのかもしれません。
「消費者はバカだし、だませまくり」
嘘かどうか真偽は知りませんが、香住の鮮魚の仲買がボロ儲けしたのは、バブル時代に「紅ズワイガニ」を「ズワイガニ」と称し、「ズワイ」の値段で売りまくったからだと聞いたことがあります。
知りませんよ、真偽は。もしホントだったら、これはボロ儲けしてます。


ズワイガニといえば。
一昨年の夏、隠岐の島で2泊しました。『るるぶ』か『まっぷる』かで、「料理が自慢!」みたいな紹介のされかたをしてて、某女優のお友だちがやってるという民宿で連泊したんですけど、2度の夕食ともに、カニが出てきました。夏ですよ。真夏。真夏にカニ。
『料理自慢の宿で、夏にカニだすんかい!!』とテーブルをひっくり返しそうになりました(-_-メ)
いや。マジで。
初日は「陶板焼き」、二日目は忘れました(-"-)
真夏にズワイガニを平気で出せれるその根性。立派。
それも、まぁメチャメチャ善意に解釈すれば「いやあ、冬に大量に冷凍ガニ仕入れたのはいいだけど、あまっちゃってあまっちゃて、ははははは」ということで、夏のシーズンに使ってるのかもしれない。それはもう宿の人間じゃないとわかんない。
しかし、ちょっとびっくりしたのは、泊まり客の中にそのカニを見て「わあああ、カニだぁぁぁ。豪華ぁぁぁ♪♪♪」などと喜んでるオバカさんがいたことですね。
なんで夏にカニだされて感動すんのか? 
そんな客が多いんだろうねぇ、たぶん。
「喜ぶんだから、だしちゃえ」になってるような気がします。

カニといえばこんなことも。
京都にある高島屋と阪急以外のもうひとつの百貨店に1月2日の初売りに行ったとき。
食料品売り場で、セコガニがテンコ盛り。
それはいいんです、それは。気に入らないのはポップで。
『香住港直送!! とれたてピチピチ』
しかも、そのカニの横の売り子のオッチャンは
「活きいいよぉぉぉぉ、とてたてピチピチっ! 香住ちょくそぉぉぉぉぉ」みたいなことを、連呼してるわけです。
しかし冷静に考えても考えなくても1月2日なんかに、とれたてが京都に来るわけがないんですね。船は、まだ動いてないんですから。正月休みで。
「……セリが始まってないのにとれたてがあるわけないやろ。だいいち、このピチピチガニ、冷凍ヤケしてるやんけ」みたいなことを僕が小声ながらしっかり言うと、
オッチャンは一言「知ってる人には売れません」

これホントの話しです。


テレビとか雑誌とかで、情報があふれかえって、いっぱい知ってるような気になってるけど、実は本質というかホントの部分はあんまり知らない。小利口かもしれないけど決して利口ではない人が増えてるのかもしれません。僕も含めてですけどね、もちろん。

ということをツラツラ、「はがくれ」のうどんで考えが及んでるんですけど、
昨日から、リリーフランキーの『美女と野球』(河出文庫)読んでて、69頁「鶴ちゃんイズム」で痛烈に「片岡鶴太郎的」な思考とか考えを皮肉ってるコラムがあって、これぜひ読んでみてください。

結局は、自己批評しない消費者はやっぱりオバカなんだ、という結論が見えてきます。
ま、見えてこない人もいると思いますが。

考えはいろいろありますから。

ということで。

ではでは。
[PR]

by nankulu | 2006-07-23 13:50 | 営業