ナンクル食堂血風録


京都・右京区梅津の梅宮大社の側。酒屋の横で、食堂というより限りなく”立ち飲み”のノリの小さな店で巻き起こるデキゴトを書き留めておこうかな、というブログ。 nankuluseiji@gmail.com  電話070-5653-1589
by nankulu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
友だちの輪
あめにじ
育親日記
うましか日記
こだわりのもの
大家便利商店
薔薇とチョコレート
はまだそら的生活
kana-briefing
順風丸 嫁のひとりごと
フジヤマプリン








●●これからの予定●●
14日(日)臨時休業
15日(月)定休日
16日(火)〜19日(金)通常営業
20日(土)店仕舞いしつつ変則営業
21日(日)から新店舗移転に向け活動!
 
新店舗は11月下旬か12月上旬オープン予定!

※19日が通常ラスト営業!
※とはいえ欠品が出たら補充しません!
※20日は在庫整理的な営業になります!

++急な変更もあります++
フォロー中のブログ
カテゴリ
以前の記事
最新のトラックバック
台風直撃
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
雨の日の朝
from 銀のマドラー【自画像篇】 ─..
焼酎 プレミア 渋柿
from 芋焼酎ランキング@おすすめ情..
沖縄VOL..2
from 沖縄
濃厚なとんこつラーメンと..
from 政宗のよじげんポッケ
今年初
from Anything Story
はじまり
from 神田ぶろぐ
タンブラー ランキング
from タンブラー ランキング
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧


大忙し

開業24日目(6・29 木曜)

暇だろうと思って、助っ人ケンちゃんに休みを取ってもらったら、そんな日に限って大忙しで(-_-;)
初めて、お客さんを断りました。嘘みたい。
ま、狭い店だから、ね。自慢することでもないんですが。


バタバタあせあせ(@_@;)してたら、久しぶりにユミちゃんがひょっこり顔出してくれて、
ユミちゃんはもともと嫁の友だちなんですけど、ボクとも十年来の付き合いになるんで身内みたいなもんだから、客ではなくて、いきなり助っ人に(^^ゞ

そんなこんなで乗り切りました。


『水商売』ですよねぇ、やっぱ。忙しくなるのかならないのか全然わからない。めちゃめちゃ不安定。

だけど、『ナンクル開業計画』がはじまったときから狙ってはいましたけど、お店に人が来てくれて、そこから付き合いが広がっていくのが実感できるのはとても楽しいです。

今日も、太秦に住む鳥取出身のカワイイ女性が「梅津の●▲■さんの紹介で」といって、京都出身京都育ちの男性と一緒に来てくれて、ひとしきり浜坂とか鳥取ネタで盛り上がりました。男性の方も気持ちよく酔っ払ってくれました。

こんな風に、誰かの紹介で、いろんな楽しい人が『ナンクル』に来てくれて、けっこう居心地良く時間を過ごしてくれて、「また来ますねぇ」となる展開は、まことに望むところです。嬉しいです。



深夜2時まで開ける予定は、急用ができたのと、お客さんが途切れたんで、いきなり12時閉店に(-_-;)

これからの課題は、営業時間をちゃんと固定するのと、お店の入り口まわりをもうちょっといじること、かな。
ま、探せば他にもいっぱいありますが。
[PR]

by nankulu | 2006-06-30 09:59 | 営業

ウリ

開業23日目(6・28日 水曜)

なんか、いきなりブログの訪問者数が増えてるんだけど、なんででしょう(-_-;)
謎だ。

ま、悪いことではないですから、けっこう嬉しいです。

今日は、『お店のウリ』について。

店のウリ。他の店には無い特徴。…けっこう難しいですよね、これ。

例えば、鰻屋さんとか寿司屋さんとかの専門店になっても、「専門」というウリはあったとしても、「専門同士」で他店との差異を出すのってかなり難しいように思います。

うちのウリってなんだろう…?

という話を、先日、高槻『南風楽天』にお邪魔したときマキノさんとそんな話になりました。

『南風楽天』のウリは、『癒し』だそうです。会社を辞めたいモードになったときに逃げ場所になるような場所。そんな位置づけ。そんな使われ方。
なるほど。わかるわかる。
『南風楽天』は、まったりした空気で満ちてますし。

では『ナンクル食堂』のウリは?

ううん、むつかしい。

アサヒビールの営業の人が「右京区にはこんな店はない」と断言してくれたけど、それはボクのカラーではなく、内装を手がけたトヨカワさんが作り出した雰囲気だし。

ウリとはちょっと違いますけど、常連さんの反応は、『試飲がすごい』と言ってくれてます。
ちょっと前まで、あのキング・オブ・プレミア焼酎「森伊蔵」試飲させてましたし。試飲だからタダで。信じていただけないかもしれませんが事実です。
もちろんホンモノ。

どんなプレミア値段がついているかヤフオクで調べてみてください。
確かに「森伊蔵」は美味しい芋かもしれませんけど、そんな値段をだしてまで買うもんかなぁ、というのがボクの思いでして(-"-)

だから試飲。別にプレミア価格で仕入れたもんではなかったし。焼酎は気楽に気軽に飲むもんだと思うし。

26日に「森伊蔵」なくなって、最後に試飲した方が、空瓶をおくれ、というので差し上げました。
で、そのお客さん、28日にも来てくれて、他のお客さんに「この店は森伊蔵を試飲させるような…」なんとかかんとか、と説明してくれて。

これでボクは十分に元は取れたと思いました。「なんかこの店は変わっとる」と思ってもらうのはとても大切なことですし。

とくに明確なウリはなくても、ただ単に「この店は変わっとる」と思われるのもウリといえばウリなんですね。そうかそうか。

わかりました。うちはそういう路線でいきます。

次回、森伊蔵が試飲にでてくるのは未定ですけど。

あ、そういえば、1升瓶で計算すると、やたらと高価な焼酎の「いいちこスペシャル」(単純に計算して6000円近くになります)の試飲用ボトルも昨日無くなりました。
これは、三和酒類(いいちこを作ってる会社)の営業ナイトウさんが宣伝用にキープしてくれてたものです。評判良かったですよ、ナイトウさん!(^^)! 
[PR]

by nankulu | 2006-06-29 11:12 | 営業

酒に関することなど

開業22日目(6・27 火曜)

僕が『ものすごく酒に詳しい人』だと思ってくれてるお客さんがいます。

『コイツ、あんまり酒のこと知らんなぁ…』と思われるよりかは、『なかなかベンキョウしてるね』と思ってくれることは大変嬉しいことです。
だから褒めていただいたら、素直に「ありがとうございます」と言ってます。

が。

僕の酒に関する知識とか、酒を利ける力、とかはほんとは全然たいしたことありません。ほんとに。

酒を利く力でいえば。
うちのお袋はレトルト食品とかインスタント食品とかファーストフードとかが嫌いな人だったんで、小さな頃からそんなにおかしな物を食べつけてはきてないんですが、それでも、自分では味覚障害に近いものがある、と思ってます。

ほんとです。

例えば、日本酒を飲んで、「ううん、この酒に合う料理は、八宝菜」などとウンチクを語れる能力は僕にはありません。

「開栓放置しておいたら、だんだん味が変わってきた」とかも語れません。
これは味覚より、どっちかと言うと「記憶力」のほうの問題かもしれませんが。


酒に関する知識でいえば。
ほんのちょっぴり、フツーの方より知ってるだけの程度です。マニアの足元にもおよびません。


味覚でいえば、以前にもこのブログに書いた、義理人情が服をきて歩いている諸寄の漁師・ヒデさんは凄いです。

こんなことがありました。
まだ諸寄で暮らしてて、うちにヒデさんを含め何人かの友だちが寄ってきて飲んだとき。
嫁が、アテを作りました。
その品は、じゃがいもを小さめに切ってから茹で、それから炒めるだけの簡単なものなんですが、嫁のマイブームになってて、けっこう頻繁に僕は食べさせられていました。

その品には、ある「隠し味」がありました。
で、その呑みの場で、嫁は「その『隠し味』は何か?」と面々に問うたわけです。

僕は知ってたんですけどね。もちろん。

ヒデさんは「グルメ」で通ってます。しかし、僕は、絶対に分からない、と思いました。
そのとき、ヒデさんはベロベロに酔ってましたし。おそらく1升程度の酒は呑んでたと思います。

ヒデさんが箸をつけて、「ううん、塩こしょう、やな。にんにくも入っとるな…」

ここまでは、味覚障害の僕にでも分かります。ここからが…

「これは、塩辛の味やな。……わかった。これはアンチョビ や!!!」

……正解です。ぼくはもういろんな意味で脱帽しました。

ベロベロな状態で、まともに呂律もまわってないのに、味噌や醤油なんてオーソドックスじゃなくて、『アンチョビ』という単語が出てくるヒデさん。

アンチョビですよ、アンチョビ。でてきますか、アンチョビ。

それを50をまわってベロベロに酔った漁師さんが、いとも簡単にあっさりと当ててしまう。


世の中には凄い人がいます。

味覚に関して言えば、僕は自信がないんで、「酒に関する知識」だけは深めていこうと思ってます。

味覚は、持って生まれた力、って大きいと思いますが、
知識はあとからのもんですしね。
[PR]

by nankulu | 2006-06-28 09:50 | 営業

なかなか

開業21日目(6・26 月曜)

大阪・梅田に沖縄関係の食材買い出しに行く。
ちょうどお昼に梅田に着いたんで、嫁と一緒だと嫁が嫌いだからなかなかいけない阪急三番街の
インデアンカレーに。

嫁は『インデアンカレーが嫌い』なんじゃなくて、『カレーが嫌い』という珍しい人で、外食でも家でもカレーは選択肢にあまり入らず、基本的にキレンジャーの僕はけっこうツライです(-_-;)

久々のインデアンカレー、けっこう辛いと思うけど、辛さが選べません。でも、美味しい! メチャおすすめ。

食べてから、すぐ近くのスーパー「成城石井」に寄って、チェック。
ここも変わったものを置いてるから梅田に来たら割りと寄るお店。
ここでA&Wのルートビア発見。
ルートビアは『ナンクル』のドリンクメニューに加えようと思ってて、沖縄在住のウッチャンに、A&Wに行くことがあったらジョッキを買って送ってくれと頼んであります。
缶でそのまま出しても味気ないんで、ロゴ入りジョッキも必要かな、と。

沖縄のことをよく知らない方のためにちょっと説明すると…
「A&W」というのは、アメリカ発祥のハンバーガーチェーンで日本では沖縄だけにあります。
那覇空港にも入ってますね。
ここの名物ドリンクが「ルートビア」
一応、アメリカで禁酒法時代に「ビールに代わるビールを!」ということで作られてるんで「ノンアルコールビア」という位置づけなんですが、ぜったいに嘘です(-"-)

僕に言わせると、これはただの「薬草ドリンク」。
記憶に間違いがなければ、沖縄のA&Wでは、「ルートビアのフリードリンクの日」というのがあったように覚えてますけど、オカネを貰っても飲みたくない飲み物です、個人的には。

ただし、ルートビアは芋焼酎と同じで、はまる人はめちゃめちゃハマルという実に麻薬のようなもので
「好きな人」と「嫌いな人」がぱっきり分かれる、とにかく中途半端な評価が絶対に無い、誠にわかりやすい、食材の世界での「パクチー」のようなドリンク。

ま、「OKINAWA」というカテゴリーには、しっかり入ってくる飲み物ですし、もうすぐメニューに加えますね。

で、本日のメインの目的、沖縄食材の仕入れに行って、あんまりウロウロすることなく雨の中、帰路に。

今日は、なかなか忙しくて、よい感じ!(^^)!
しかし、売り上げは…(-"-)

お客さんから、ソフトボールのサークルに入らんかと勧誘を受けて、この日曜から参加することになりました。

だんだん梅津に根付くなぁ。
[PR]

by nankulu | 2006-06-27 09:03 | 営業

まったりモード

開業20日目(6・25 日曜)

曜日の関係ない毎日です(-_-;)

日曜だのに研修に行くという殊勝な嫁を高槻まで連れて行って、帰りにケーズデンキに寄り、
POP作成のソフトを購入。ついでに『バカボンド23巻』も。

その足でお肉屋さんに寄ったりウロウロ。

トヨカワさんから℡。
雨漏り対策の樋(とい)を店の中にどう作るか、というイメージを聞く。
基本的にすべてトヨカワさん任せなんで、とりあえず何であれOK。

今日は昨日の喧騒が嘘のようにまったりモード。

雨だしねぇ。人、歩いてないし。

10時30分に店を閉めて、嫁さんとスタバに。

眠くなったんで、店に入るつもりが、ドライブスルーして帰路に。

ま、そんなこんなの日曜でした。
[PR]

by nankulu | 2006-06-25 23:36 | 営業

あぁ忙しい

開業19日目(6・24 土曜)

『ナンクル食堂』という名前は、僕が考えました。

有難いことに、この名前と、トヨカワさん作の看板に惹かれて、来てくれるお客さんがボチボチと増えてきました!(^^)!

本日も、彼氏が太秦で彼女がご近所で、もうすぐ結婚という誠に感じのよいカップルご来店を皮切りに、
めちゃめちゃフレンドリーなお客さんばかりで、見知らぬお客さん同士がワキアイアイで、
『これこそがオレが目指してる店の感じなんだよなぁ…』という盛り上がりをみせてくれました。

たぶん、この店は大丈夫。

いまのところ、実感として、8割以上のお客さんは「近所にこんな店ができて嬉しい」という反応をしてくれてる。

お客さんと喋ることで、ご近所のニーズとか、この界隈の状況とか、だんだんわかってきました。

頑張ってランチ始めようと思ってたけど、とりあえず止め(-"-)

開店時間を遅らせて、深夜営業を試験的に来週あたりからはじめます。

ご来店お待ちしてます(^^ゞ
[PR]

by nankulu | 2006-06-25 14:02 | 営業

ぽちぽち

開業18日目(6・23 金曜)

昼過ぎに、ススム来訪。

ススムも、浜坂での商売を手伝ってくれてた子の一人。

橋とかトンネルを作るのが仕事で横浜在住。

彼女のカゴちゃんが丹波篠山で住んでるので月1ぐらいでこっちにでてきてるそうだ。

遠距離はなかなか大変だわね。


今日は、まったりした日であったものの、近所のサンコールという会社の面々が来てくれて

なかなか盛り上がる。

けっこう気に入ってくれたみたいだし、これから楽しみ!(^^)!
[PR]

by nankulu | 2006-06-24 00:57 | 営業

骨休み

開業17日目(6・22 木曜)

6日に開けてから、初めてまともに休む。
前回の休みは工事の為だったし、雨漏りでとんでもないことになったんで休んだ感じなんかしなかったんで、ほんとに久々。

午前中に本屋さんに行ったり、昼寝したり、非常にまったりと。

綾部在住マキから、仕事で宇治まで出ててその帰りに寄る、という℡が入ったんで、
ナンクルで買ったばかりの本を読みながら待つ。

マキは、前に僕が浜坂でやってた商売を手伝ってもらってた子で、なかなかの好青年です。
珈琲を飲みながら、ひとしきりダベッて17時ごろ帰る。

今日は、ツレアイと高槻で待ち合わせなんで、待ち合わせにいつも利用してる南風楽天へ。

マキノさんと軽く情報交換して、ツレアイをピックアップし、西院の串八へ。

で、珈琲でも飲むかと、その足でスタバに。

ま、こんな感じで初の休日は終わりました。平和だなぁ。
[PR]

by nankulu | 2006-06-22 22:14 | 休日

どうなんでしょう

開業16日目(6・21 水曜)

水曜は、中日のせいでしょうか、飲食関係は休みにしてる店が多いです。

うちは、近所にいる身内のお坊さんから「行く店がないから、水曜は開けるように」というお達しが
あるんで、まだ決まってない定休日は水曜以外になる予定です。


本日は、開業以来サイコーにまったりした日でした(-"-)

テイクアウトの注文があったり、閉店間際になって僕と趣味が一緒の(素潜りのサザエ捕り)カップルが来てくれて話しが弾んで店を閉めたのが日付が変わってからになったりと、ま、それなりに動きがあったものの、ほんとにヒマな1日でした。

ということで、本日は、『ナンクル食堂』の内装を手がけてくれたトヨカワさんについてちょっと書いておこうと思います。

More
[PR]

by nankulu | 2006-06-22 10:46 | 営業

いいねぇ

開業15日目(6・20 火)

書いている内容と日付がズレテくるんで、日付もいれるようにしますね。

電気屋スギタさんが、電気屋さんなのに雨漏りのコーキングの為にきてくれる。

トヨカワ組が、大阪の人ばっかだからだろうねぇ。スギタさん一乗寺だし。

最新式らしいサンヨーのクーラーがまったく効かなくて困ってたんで、スギタさんが来てくれてちょうど良かった。


一仕事終えてから、ナンクルで軽く一杯してくれる。

問屋さんの日酒販イグチさんとタカサキさん来訪。
イグチさんとは何回も顔合わせしてお世話になってて、まことに感じのよい営業の方です。
タカサキさんは、イグチさんの上司で、本日初顔合わせ。
お二人とも、日酒販が経営する鶴正酒造の日本酒『五山の四季』をグビグビと。
サラリーマンの鑑ですね。
で、うれしいことに缶詰(!)を、アテに。
立ち飲みのノリを理解してくれてる。

イグチさんタカサキさんと、ほぼ同時に、これまたとても感じのよい女性の2人組来訪!
しかも若い!!!

現在のナンクルで、もう常連と呼んでも差し支えないだろうと思われる方は、全員そこそこお年をめしたご近所のオバ様で、『どうやったら若い、かつ、感じのよい女の子が来てくれるんだろうか??』というが悩みの種だったんですけど、
いやぁ嬉しかったですね。
女の人が来ない店には、男の人も来ないですからね。
雰囲気も絶対良くなるし。

帰り際に、閉店時間とか尋ねてくれたのでまた必ずや来ていただけるでしょう。


うちの店は狭いから、かなり入りづらいです。実際。
ちょっと、このへんの界隈には無い面白いオーラがでてるもんだから、立ち止まって覗く人は
多いんだけど入ってくれません。
「入ってみよか」と思って入れる方の好奇心はものすごいです。

で、好奇心旺盛でふらっとうちに来てくれた方が、「なんか、良かったよ」というクチコミを広げてくれて、「なら行ってみよかな」と客層が広がっていく、というパターンが最高なんですけどね。

ま、良い一日でした。
[PR]

by nankulu | 2006-06-21 11:34 | 営業